FC2ブログ
昨夜の輸液前の鋭いにらみ方。
輸液の度にドンドンおこりんぼになっています……きっとよほど嫌なのだろう、と……。


にらむまる


昨日はカリカリを二回ほど食べたくらいで、それ以降何も食べず、輸液後二回ほど吐いてしまいました。液体だけです。
今日の朝になっても全く食べたそうな素振りを見せないので、病院へ。


最近天気が悪いから、気圧のせいかな。
そう思いたかったです。


血圧が、初めて200を超えました。今まで正常値をキープできていたのに。
クレアチニンが、14まで上昇。BUNも142まで上昇。
輸液を毎日しているのに。活性炭も薬も毎日上げているのに。
止められない。
食べられなくて当然の数値だ、と言われました。
そしてしてあげられることももう、無いと。


入院して点滴したら下がりませんか、と聞きました。
答えは「一時的には下がるけど、おそらくまたすぐ上がる」「正直なところ、苦しむ時間を長くするだけだと思う」と言われました。
もう、してあげられることは本当に、もう何もありません。


今までずっとゆるやかな進行だったのに、六歳になった途端一気に進行して、もうここまで来てしまいました。
正直なところ、今月越せるかどうかもわかりません。来週は? 再来週は?


鼻チューブなどの話も出ませんでした。きっと、もう良くなる病気ではないからかもしれません。
食べたくないのに無理やりあげるのか、食べさせて吐くほうが余計しんどいのではないのか。
いったいどうしてあげたらいいのか、らんまるこが穏やかに過ごす方法は……。


急激にドンドン悪化していくので、正直精神がついていきません。

スポンサーサイト



2018.08.24 輸液の練習
らんまるこ、水を飲んでいるにもかかわらず脱水状態だったので、昨日の検診から輸液をはじめました。
ゆくゆくは家で出来るようになるため、私も昨日から練習をしています。
今日は一通り自分で輸液の作業をしました……先生曰く「練習はやく卒業できるかも」とのことです。
普通はもうちょっと時間かかるらしいです……やはり、針を刺すことにためらう人が多いみたいです。
私も正直針が皮膚を突き破る瞬間の感触が苦手なんですが(そもそも自分の採血も見られない)そんな事を言っていられる状況でもないので……。
それに毎日通院だと、らんまるこのストレスも心配です。
なので、私が早く慣れるしかない、という……。
でも今日は診察台から飛び降りて逃げようとしたので、元気です(うれしい)


そして活性炭も相談して、クレメジンを始めて見ることにしました。
ただ、クレメジンのカプセルはかなり大きくて、らんまるこが飲むにはちょっと大変そう。
そして何よりらんまるこは小さな身体だし、ということもあって小さなカプセルに一個分を分けていただきました。


おためし


このサイズだと上手く飲ませる事ができたので、自分で小さなカプセルを買って家でちまちま作らないといけないかも……。


活性炭と輸液で、数値が下がるとまでは行かなくとも、現状を維持できるかどうか……。
腎臓が機能しなくなったぶん、腎臓の機能をなんとか外側から補助できないかどうか……。
そんなことばかりを考えます。
人間は、透析があるからいいけれども。
昨日は帰宅してからずっといろいろ調べていました。
再生医療、効果はあったけれど副作用も強い薬のこと、色々……。
らんまるこは私が選んだ選択肢に従うしかできません。
それでも時々聞きたくなります「らんまるちゃんはどうしたい?」


帰宅して、少しベランダタイムをしました。


らんまるこ「いいところに板があるから日陰にゃ」


らんまるべらんだ


ララたん「ここも日陰だから快適だわ」


ララべらんだ


ラディにゃんこ「潜伏ですにゃあ」


ラディべらんだ


台風一過で蒸し暑く、天候も不安定で雨が降ってきたので30分ほどで中へ入りました。
昔はあまり台風が来ない地域だったのに、今年は二回ほど来ています。
ねこたちからしたら、暑いのと寒いのと、どちらがマシなんでしょう?

2018.08.23 一気に悪化
本日、らんまるこの検診へ行ってきました。かなりの前倒しです。
結果としては、かなり悪化していました。

BUN65.2
クレアチニン4.3

腎臓のエコーは左腎が更に肥大化。
右も殆ど機能していないだろう、ということで、もう9割機能していない状態ということでした。

先は長くないと覚悟しておいてくださいと。
治すことが出来ない病気だということは分かっていると思うけど、と言われました。

らんまるこ自身は眼力もあって変わらず元気で、血圧も高くなく保てているんですけどね。
ただどうしてももう進行を抑えられない。

6年前に病気を宣告されて、長生きできないと思ってくださいと言われた日から少しでも長くと思っていろいろ自分なりに手を尽くしてきたけれども……。

きたけれども……。



2018.05.10 ついに療法食
先日、らんまるこの検診に行ってきました。
結果は、クレアチニンが1.8,BUNが48.2という高めの数値……。
先生に、ついに「もう療法食に切り替えたほうがいいね」と言われてしまいました。
エコーの結果を見ても、更に腎臓は肥大しているようで……。
嚢胞がある割には血流がまだ活発で機能自体はまだそれほど低下してなさそうだ、とは言われましたが。


正直、ついにこの時がきたか……と。


珍しくおしっこも取れたので検尿もしてもらいましたが、おしっこは特に問題なしでした。
水もちゃんと飲めていて濃いおしっこではない、と。
逆に言えば、クレアチニンの上昇は水分不足とかではなく、腎臓の機能低下ということで……。

らんまるこも、来月で6歳になります。


らんまるにゃん


ついに先生に余命宣告された年齢に差し掛かってしまいました。
先代たっぴんの年齢までは、と思っていたけれどそれでもあとたったの四年です。
最初に余命宣告された時は、先生の前でこそ泣かなかったものの、家に帰ってから数日は毎日号泣しました。
今回は多少はいずれそうなるということを覚悟していたからか、今回は泣かずに済むか……と思いましたが徐々にショックが大きくなってきて、少し泣いてしまいました。
まだまだ受け入れられないようです。
でも、受け入れないと。
自分のことだったほうがもっと受け入れられたのではないかといつも思います。
代われるものならば代わってやりたい。
だってらんまるこはなにも悪くないんだから。

たまのおねだりさんで、腎臓洋療法食をいくつか買ってみました。
昔ハッピーキャットのサンプルを頂いた時、結構食いついていた記憶があります。
アニモンダはイマイチだったような……。

どうにか上手く切り替えできればいいなと思っています。
先日、らんまるこの定期検診へ行って来ました。

結果から言えば、現状維持でした(ノ´∀`*)
今年に入ってから徐々にクレアチニンも上がり気味だったので、ここで止まってくれて安心しました。
でも去年よりも上がったことに変わりはないんですけどね……。
BUNが30とかなり上昇していましたが、クレアチニンは変わってないので水が足りてないかフードが変わったならそのせいかも、ということでした。
……ふーど、ナチュラルバランスのダック&グリーンピースのカリカリとアズミラを混ぜてあげてるんですが、ナチュラルバランスの方が二ヶ月ほど欠品状態だったので、アズミラしかあげていなかったせいかも……。

血液検査は普段腎臓の数値しか診ないのですが、5歳になったこともあり今回は詳しい項目で検査しました。
結果はすべて正常値だったので、良かったです。
ただ、私が「6月で5歳になったので、詳しい血液検査してください」と言ったときに先生が「5歳か……」とポツリと呟いたのがちょっと気になったというかなんというか……(;´∀`)

なんせこの多発性嚢胞腎という病が発覚したときに

「平均寿命は6~8歳」
「長く生きれれないと思ってください」
「10歳は無理」

ということを仰っていたので、色々思うところがあるのかもしれません……。

……私は内心たっぴんと同い年になってくれるんじゃないかと思っているんですがね!


らんまるこ「あったりまえにゃ。もっともっと生きるにゃ」


もふまるらんらん


これからもゆるゆると緩やかに病気と付き合っていければいいなと思います。