2013.08.30 元気です
らんまるくんは元気です

BS4hockCEAAN-Jb.jpg

やっぱり鼻ぺちゃい
BS4h2mXCcAAInOd.jpg

多発性嚢胞腎の病がわかってから、らんまるくんのために何をしてあげられるのかと考えていました
昨日からはとくにずっと考えています
完治することの無い病を前に、何ができるのか
これは人間も同じなのかもしれません
そして、現代医療は万能ではないということを痛感します

まあ、今はまだ腎不全になっているわけでもないし元気いっぱいなので、そう悲観的になることもないのかもしれません
でも根がネガティブな私はくよくよと考え込んでしまうのです……
どうすれば進行を遅らせることができるのか?
せめてその方法があるなら、それだけでも知りたいというのが本音です
免疫力を高めてあげる方法くらいしか、思いつかないのが今の現状です

ただじっと見守ることしかできないのがもどかしい

かといって、仮にお金持ちだったとしても腎臓移植するかどうか、と問われたら……それはしないような気もします



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


今日は病院へ行ってきました
猫クラミジアの投薬は、内服薬と点眼を頂き、一週間様子見で落ち着いたらそれでOKということになりました

それはよかったのですが、血液検査とエコーをした結果……
クレアチニンの数値が1.1と前回の1.0から微妙に上がっていました
まだ正常値内なので心配することはないようですが……
ただ、エコー検査の結果、もともと多い左の腎臓の嚢胞がひとつ、大きくなってしまっていました
先生の話では、おそらく左の腎臓のほうが先に、近いうちに傷んでくるでしょうとのこと……
幸い、右の腎臓の嚢胞は少ないままなのですが

先生には、10歳まで生きるのはおそらく無理だと言われました
嚢胞の水を取ることはできないのですか? と聞いたらその治療法をしたことはあるけれども、一週間でまた水がたまってしまい意味のある治療ではなかった、と言われました
腎臓移植という方法はあるけれども、一生免疫抑制剤を飲まなければならないこと、医療費も一年で100万は超えることを教えてくれました
家に帰ってきて、腎臓移植のことを調べてみましたが、末期の慢性腎不全にならないと実施しないらしく……
ドナーになるねこのことも考えると、果たしてどうなのだろうか、とも
それに何より、術後の予後はまた元気に走り回ったりできるようになるのか……?
そして、治療法がまったくといっていいほど無いに等しいのに、エコーの検査をする意味ってあるのだろうか……とも思い始めてしまったり
現実を突きつけられるのがいやなだけなのですけどね(;´Д`)

きっと、少しずつでも覚悟をしていったほうがいいのでしょう
早かれ遅かれ、人間よりも小さな体の生き物は人間より先に旅立ってしまいます
たっぴんを失ったとき、あまりのつらさにもう動物は飼わない、と思いました
けれどらんまるくんと縁があり、迎えました
そしてらんまるくんもまた、おそらく長生きできないといわれている身体です

同じ多発性嚢胞腎のねこちゃんのブログをあちこち探したりしていると、16歳まで生きた子もいます
10歳以上生きた事例もいくつかあるのを知ると、励まされるのです
もしかしたら、らんまるくんもそうなってくれるかもしれないと……

抱っこしたときにいくらでも顔面狙ってキックしてもいいから、長生きしてねらんまるくん!(毎日やられてる)

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
2013.08.18 絵を描く
幼いころから、絵を描くのが好きでした
それこそ、毎日描いてないと嫌! というくらいに
それが徐々に一日空き、二日空き……
一週間全く描かなくても平気になったのはいつごろからだろうか

それでもまぁ、最近はデジタルにも手を出すようになりまして
PCの画面を見ながら絵を描いたりしてました
……眼精疲労からの肩こりで吐き気に襲われたりしますが(;´Д`)
でも、ここのところPCの調子がすこぶる悪くて
デジタルでのお絵かきが出来なくなっております
ペンタブレットのドライバを読み込めないってどういうことなのか……
インストールし直しても、駄目なんですよね
再起動で持ち直すことがあっても、筆圧感知が全然だったり……
もうそろそろ寿命なのかもしれません
勝手に電源落ちたりしますしね(^_^;)

というわけで、初心に帰り、また水彩紙に絵を描いたりしているのですが
……元々上手くなかった腕が更に退化してしまっている……!
これではいかん、と昔習っていた某社の通信教育のバカでかいテキストを引っ張りだしてきたりして

こういうのは、読むのがとても好きです
ただあまり実践に生かせないというか……(;´Д`)
この通信教育はかなりお高いものだったので、絵でお金を稼ぐという仕事に就く実力を得るに至らなかったことは
未だに親に申し訳なく思っていたりします
だから絵を描くのを辞めてはいけないかもな、とも

自分でも気付いてますが、私の絵柄はいわゆる今時の絵柄でもなく、
かといって格段に上手い訳でもないです
絵のSNSに投稿したりしても、点数がつくことは殆どありません
評価されるに値しない、ということなのですが
まあそれでもいいのです
誰のためでもなく、ただ自分の気の赴くままにやっていることなので
それでも数年前までは、イラスト交換したりする友人がいて楽しかったなー
今ではすっかり疎遠になってしまいましたが、それも仕方のないこと

思えば私は昔から、外に出て人と接して仲良く遊ぶ、と言うことが苦手で
一人で絵を描いたり人形遊びしたりしている子どもでした
今もその延長線上に立ったままです

おじゃまらんまる
BR4KKH7CQAMSHF4.jpg
2013.08.15 初盆
380773979_24 - コピー


久々にたっぴんの夢をみました
元気そうでした(´∀`*)
家の中で、らんまるくんとご対面してました
お互いに見つめ合っていました……大人しく(笑)
今まで、もう夢でしかたっぴんとらんまるくんが一緒にいる所見るのは不可能だからそういう夢がみたい、と思ってましたが念願かなってついに! という思いです(´∀`*)
あと、軽く抱きかかえた時に毛並みがらんまるくんとはやはり違っていたので
「ああ、らびだなぁ……」と思いました

今はお盆なので、帰ってきてくれてるのかな~と思ってます


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


2013.08.12 あつーい
暑い日々が続きますね
本当に暑いです
去年もこんなに暑かっただろうか?(;´Д`)
いや、去年はこんなに暑くなかった気がする……駅前まで買い物に行けてた気がする
今年はあまりの暑さゆえに近場で買い物を済ますことが多くなりました
余程安いものが無い限りは、たとえ10分の道のりでも歩きたくないという^^;
そういえば、高知は41度を超えたそうで……

あつーい
BRcc9s1CAAICEMC.jpg

家はもう一日中クーラーつけっぱなしです
節電なんて無理ですごめんなさい
らんまるくんはこの暑い中コート着こんでいるようなものらしいので
クーラー切ったら熱中症になると思われます……
しかし電気代がおっそろしいですね
うち、2万超えましたよ……(´∀`*)ははは

エビフライまる
BRBLBwwCEAEJwfU (1)

ベランダ好きならんまる君も、流石に昼間はベランダにでたがることはなくなりました
朝に父と少しだけ出てるみたいですけどね


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

先日のおもちゃはわずか1時間で大破したので、もうひとつ新しいものをだしました
BQoXJ3-CAAI3buH.jpg
こちらは1000円以上したので、長持ちしそうです(´∀`*)
それはいいのですけど、先日のおもちゃ……
随分ぼろぼろになったところで、らんまるくんが誤飲しました
それが月曜日の朝だったのですが、仕事なので病院に直行することもできず、
今まで何度かの経験上うんこっこででてきていたので、今回も出るだろうとおもっていたのです
大きさもボロボロになっていたので、小さかったし……

と油断していたら出てこない
何日経ってもでてこない
食欲や排便に支障が出たり、吐いたりしているわけではないけれどもでてこない
もしかしたら飲み込んでなかったのかな? と思いつつ心配になって病院へ

病院へ行ったら「胃の中にあれば吐かせることもできるけれども、あるかどうかわからない状態でそれをするのは可哀想なので、なんなら油を大匙1杯ほど舐めさせてみて下さい」とのことでした
その話はそれで終わったのですが、看護師さんが「ちょっと結膜赤いですね 眼やにもひどいし」とのこと
それは私も気になっていました
最近らんまるくんの右目からよく涙がでていたし、目やにも酷かったのです
でもペルシャには骨格上ありがちらしいしなーと思いつつ、気にはなっていたので検査してもらいました

そしたら

猫クラミジアと診断されました

……クラミジア!? 性病!?
と一瞬頭をよぎりましたが猫の場合はそうではないようで……
主に他の感染猫との接触や母親からの感染が多いようです
と言ってもらんまるくんはうちにきてからは他の猫とは一切接触ないし……
うちに来る以前に感染していたのでしょうか(;´Д`)
目薬と飲み薬を処方されました

飲み薬のほうはまあ、普段から血圧の薬を飲ませているので手慣れたものなのですが
点眼がどうにも難しい
コツを教えていただいたものの、そのとおりにできるはずもなく……
点眼の際はほぼ格闘状態になっております(^_^;)
でも流石薬ですね、めやにが凄くましになりました!
早く投薬が終わればいいな……

そして本日、誤飲したおもちゃの切れ端がうんこっこからでてまいりました
昨日先生が触診でお腹を触っていたので、動いたのかもしれませんね
一安心です、よかった

これからは気をつけます……


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村