2014.07.31 永遠の命
つい先日見かけたネットのニュース。
AIBOのことだったんですが、ソニーのサポートが終了していかにAIBOを長生きさせようかという飼い主さんの心情の記事でした。

「ロボットだから永遠に一緒だと思っていたのに……。」
という一文が切ない。

私もそういうイメージでした。
SFとかだとロボットは敵だったりして、倒しても倒しても向かってくるようなイメージです。
常に最新型に進化するというか。
でもそれも、人間の手があってこそ。
人間のメンテナンスがあってこそ。
それが絶たれたらどうなるか……。

バッテリーの寿命が生体で言う老化だったり、関節の故障が生体で言う怪我だったりなのかもしれません。
そしてメンテナンスが治療といった所で……。
それが無くなるということはつまり。

確かに機械だから食べ物は要らないし、排泄もしない。
生き物ではないけれども、それでも一緒に過ごす人からしたらやはり家族なのではないでしょうか。

AIBOの顛末には悲しいものがあります。
最も、飼い主さん達は今でも奮闘していらっしゃいますが、このままで行くと生き物の犬やねこと変わらない寿命ということになります。
人間の作るものに、いやこの世のありとあらゆるものに永遠というものはないということなんでしょうが……。

なので某ソフ○バ○クのロボットが出てくるCMを見ると色々考えるところがあります。
スポンサーサイト
昨日、ララたんの血統書が届きました。
まだ顔が小さいので眼の色がよくわからなかったのですが、グリーンとのことです。
眼球の縁がゴールドっぽいので、どうやららんまること同じ眼の色でほぼ確定っぽいです(*´∀`)

らんまるお兄たまと一緒?



一緒にゃ。

2014-07-28-11-57-05_deco.jpg

ちなみにたっぴんも目がグリーンだったので三人共同じということになります。
そしてララたん、肉球ピンクなイメージですが実は黒っぽいのです。
肉球の色もこれまた三人共一緒なのです!

455083969_192_2014073021533220b.jpg

縁があったんだろうなーと今更ながらに思います(*´∀`)

→続きを読む?
2014.07.28 熱い
暑いというより熱い日々が続きます。
らんまるこもたまにベランダにでたりしますが、ものの数分で冷房の効いた部屋に入ります^^;
やっぱり暑いですからねー。

BtmcLRLCIAAm2Mz.jpg

たっぴんは短毛だったので真夏でも結構ベランダにでたりして、ベランダに迷い込んだ弱ったセミで遊んだりしていましたがらんまるこはまだセミとご対面したことないです。
セミが迷い込む時期って暑さ真っ盛りなのでもはやベランダに出ることもないというか……。

ララたんも大分我が家に慣れてきました。今日で三週間です。

「お分かりいただけただろうか……?」的な写真。
遠くから見つめるらんまるこげんきっこ。

BtmefJoCIAMpzW0.jpg

ララたんはちょこまか動くので、撮るのがとても難しいです(笑)
ここ数日、たっぴんのことを思い出しては泣いています。



お盆が近いからでしょうか。
思えば、別れた日は嫌というほど胸に刻まれているのに、出会った日が何月何日だったのか、わからないんですよね。
元々の飼い主だった2番目の姉に聞いてみたら、どうやら1月だったらしいということまではわかったんですが。
どうして憶えてないんだろう。
自分の記憶力が恨めしい。

仕事柄、食材の期限管理などをするときに、賞味期限などの日付が11月後半だったりするととても悲しくなります。
逆に、たっぴんやらんまるこ、ララたんの誕生日だったりすると嬉しいんですけどね。

いつか、たっぴんとの別れは乗り越えられるのでしょうか。
悲しくなくなるのでしょうか。
未だに自分のとった方法が間違っていた気がしてなりません。
もうどうしようもないけれど、いつか会えたらただただ謝りたい。
苦しめてごめんねと……。


2014.07.21 お初爪とぎ
らんまるっこげんきっこかわゆっこねむねむっこ(^ω^)


ララたんを迎えて二週間が経ちました。
すっかり家には慣れてきた様子です。
でもまだ誰かになつく、というのはないかなー……まぁまだ二週間ですしね!

さて、二週間の内にすっかり爪も伸びてきたララたん。
爪とぎが欲しいかな? と思って久々にたっぴんの爪とぎを出してきました。
らんまるこを迎えた時も出したんですが、らんまるこはダンボール製は好きじゃない様子だったので、出していませんでした。
ララたんはどうかな? と思い出してみたら……。

2014-07-21-21-44-44_deco.jpg

爪とぎをケージに入れる隙にララたん逃亡。
そしてなぜか爪とぎに陣取るらんまるこげんきっこかわゆっこ。

気を取り直してらんまることララたんを入れ替えました。
ララたん、初爪とぎです。
ぎこちなくガリガリ、というよりカリカリ。
それを見守るらんまるこ。

2014-07-21-21-45-05_deco.jpg

仲が悪くはないけれどもいまいち距離感がよくわからないお二人さん。
らんまるこはララたんのこと好きっぽいんですけどね~。
ララたんはまだ子供だし、おもちゃで遊びたいお年ごろなのかもしれません。
シャーッて言わないからお互い仲悪くは無いと思います。

2014-07-21-21-43-57_deco.jpg

気づけば同じような体勢で寝てました(笑)

2014-07-21-21-56-30_deco.jpg


2014.07.20 傷ついた記述
先日動物病院に行った時に、待ち時間が長かったので何気に手にとったねこの本。
ずいぶんと年季の入った感じがある、どうやら洋書を翻訳したねこの本でした。
暇つぶしにつらつらと読んでいたら見逃すわけにはならぬ記述が。
要約すると……。

「健康で幸せな成猫に育つ子猫を選ぶのが重要。かわいそうというだけで、弱々しい病気持ちの子猫や治療が必要な子猫を買うのは避けたほうが無難。治療費もバカにならないし悲しいだけ」
「もし純血種を飼って病気になったり環境に馴染まなかったらブリーダーと話し合えば返せる」

( ゚д゚)

(゚Д゚)ハァ?

えっなんですかこれちょっとなんですかこれ正気ですか?
なにこの「元気な子しか価値がない」的な表現。
ブリーダーと話しあえば返せるってちょっとまてよオイなんだよそれ。
モノ扱いか! モノ扱いか!
病気の子は必要ないです返しますってお前そんな飼い主いたら頭踏みつけてやるわ!
悲しいだけってお前じゃあ病気の子は幸せになる権利はないんですか?
可愛がられる権利はないんですか?
誰しもが病気を抱えて生まれてきたいわけではないのに、それでもなお生まれてきた場合はそれを抱えて生きていくしかないんじゃないんですか?
それを葛藤しながらも受け入れて、手助けするのが出逢ったものの宿命じゃないんですか覚悟じゃないんですか役目じゃないんですか?

あああああ???
ふざけとんのですか???


そりゃあ、まぁ、ね。
病気はないほうがいいに決まってる。
誰しもが健康な子がいいに決まってる。
人間であれ。犬やねこや鳥であれ。
私だっていつも思う。
「らんまるこに病気がなければ良かったのに」って。

2014-07-19-22-51-51_deco.jpg

検査するたびにビクビクしてる。
数値が悪化してたらどうしよう、進行していたらどうしよう。
腎不全になったら何がしてやれるだろう、どうしたら少しでも楽に過ごさせてやれるだろう。
実際私もらんまるこの病気が発覚した時は泣き通した。
今でも時々ふと考えが沼に嵌っては、悲しくなる。
それを「悲しいだけ」と表現するならそうかもしれない。

だけどだからといって、じゃあさようあらとらんまるこをブリーダーの元へ返すなりしたとして、らんまるこはどうなるの?
次の元気な新しい子を迎えて、らんまるこのこと忘れられるの?
いやぁたとえ迎えて一ヶ月しか経ってないとしてもそれは無理だろ!
もし普通に忘れて次の子可愛がれる神経の奴は人間じゃないわ。外道だわ。

らんまるこのためにしてやれること、それは少しでも腎臓の負担を軽くすること。
オーガニックなフード、サプリメント、そして血圧管理の薬。
それが「治療費もバカにならない」というならその通りだろう。
だけど病気の子をほうっておくことが出来ますか?
少しでもケアしてあげようって思うのが家族じゃあないんですか?

ララたんもらんまること同じ種類。
同じ病気がある確率がある。

2014-07-19-22-51-20_deco.jpg

正直不安が無いわけではない。
なければそれに越したことはない。
でも病気がなければいいのに、って思うとらんまるこに失礼な気がする。
らんまるこを全否定することになるような気がする。
あってもなくても、受け入れなくてはいけない。
悲しくてもつらくても。
犬やねこは、長生きしても絶対に人間より先に行く。
必ずと言っていいほど、彼らのほうが先に旅立つ。
つらくても悲しくても受け入れないといけない事実。
犬やねこはおもちゃでもなければ人形でもない、ましてやモノでもない。
出逢って縁を感じたら、最後まで彼らの生を充実した幸せなものにしなくてはいけない。

それが生き物を家族に迎える、ということなのだと思う。

2014.07.19 またまた病院
一昨日の朝、らんまるこのトイレを掃除しようとシートを見たら……。
おしっこの色がほんのり赤みを帯びているというか、オレンジっぽくシートが変色していました。

(゚Д゚)!?!?!?

血尿かとびっくりして、かといって仕事があるのですぐ病院へ連れて行くことも出来ず……。
気が気じゃないまま仕事をどうにかこなして、帰宅後採尿してからおしっこだけ病院へ持って行きました。

結果は、血液反応はありませんでした!
良かった―(;´Д`)
ただ、phが8.0のアルカリ尿で、ストルバイトがでているとのこと。
採尿タイミングを変えるか、今食べさせているフードを変えるかしてまた後日尿を持ってきてくださいとのことでした。

ここの所クランベリーのサプリメント、飛び飛びになってたんですよね……。
これからはちゃんと与えようと心に決めました。

ちなみに私がお世話になっている動物病院の採尿はこんなアイテムを使います。

2014-07-19-23-02-51_deco.jpg

先端の硬いスポンジに尿を吸い込ませて、持っていきます。
他のねこブログをちらほら拝見してますと、ビニール袋に入れてとか何かの容器に入れてとかなので、あまりメジャーじゃないんでしょうか……。
便利です(^ω^)
2014.07.15 病院往復
今日はララたんとらんまるこを病院に連れて行ってきました!
といっても一緒にではなく二往復です……籠がひとつしかないので(;´д`)
距離自体は近いのですが、なんせこの暑さ!
前半ララたん後半らんまるこで挑みましたが、くたくたでした……^^;

ララたんの目やにと涙はかなりましになりましたが、まだ目の結膜が赤いらしく投薬と目薬は続行。
体重があまり増えてないので「この子も大きくならんかもしれんね~」と言われてしまいました。
まぁ、両親共に小さいからあまり大きくはならないかもです。

らんまるこは定期健診です。
本当は来月でいいかなって思ってたんですが、なんせこの暑さ。
来月はこれ以上に暑いでしょうから、とてもじゃないが無理なのでしんどいついでに連れて行ってきました。
結果は……。

BUN19.5
クレアチニン1.0でした。
クレアチニンが以前より0.2ほど上がりましたが基準値内なので特に問題はないそうです。
エコーの結果は、両腎臓ともに2ミリほど大きくなってましたが、誤差もあるからねぇ、とのこと。
右より左のほうが大きくて数も多い嚢胞ですが、嚢胞のひとつが小さくなっていました!
これはとても嬉しいことです!(*´∀`)
完治根絶させることはできないので、せめて一進一退で現状維持できればいいなと思っているので……。

そういえばララたん、動物病院の飼いねこに「シャー!」されてました^^;
らんまるこはされたことないのにな……同じ雌だからかな?

帰ってきてからララたんは疲れたのか夢の中へ。
9745000_2089985146_190large.jpg

らんまるこもむすっとおつかれです。
9745000_2089985606_249large.jpg

病院は人間もねこも疲れますよね……^^;

→続きを読む?
2014.07.14 三者揃い踏み
私が勝手に「たっぴんの手」と呼んでいるねこじゃらしにも反応するララたん。



おもちゃにはなんでも食いつきます。
あと、三段ケージの一番上までジャングルジムのようによじ登ってきます(笑)
結構おてんば娘っこかもしれない……。

そんなララたんをじっと見つめるらんまるこ。

2014-07-14-20-34-25_deco.jpg

貴方の去勢に向けて腹をくくらねばなぁ、私が(;´д`)

今日はLINECameraのアプリでコラージュを作ってみました!
三者揃い踏みです(*´∀`)

2014-07-14-20-24-40_deco_convert_20140714204144.jpg

たっぴん、また一人後輩が増えたことをどう思ってるかな。
去年のお盆にはらんまること夢で対面してましたが、果たしてララたんと対面する日はくるのだろうか?
たっぴんは他のねこと接するなんてとんでもない!!! という孤高な、そして臆病で繊細な性格の素敵ハンサムねこだったので、多分こっそりと見守ってくれていると思ってます。
乙女のトイレをガン見するらんまるっこげんきっこ。



時折、ララたんのケージに近づいてはにゃーにゃー言ってます。
ララたんを呼んでるのかな?

ララたんもそれに答えるように、たまにケージから手を出してちょいちょい。
らんまるこも手を出してちょいちょい。

BsMI9DJCYAEM1aQ.jpg

夜はケージにバスタオルをかけるのが寝る合図なのですが、昨晩らんまるこはバスタオルの中に入ってじーーーっとララたんを見つめてました。
なんという逢引現場(笑)

BsMRsovCAAEaehU.jpg

君たちはロミオとジュリエットかっ!

ララたんが来てから、なぜからんまるこはおもちゃへの食いつきが悪くなってしまいました(;´Д`)
それまでは、ララたんとくらべればそりゃ食付きは落ちるものの遊んでいたのですが、今は全然です。
でも、ケージから逃走したララたんと追いかけっこしていたので元気なのは元気です。
……ララたんに興味が行っちゃってるのでしょうかね?

今日は昼間晴れていたので久々にベランダタイムしてました。
台風一過でめちゃくちゃ暑かったですよ(;´Д`)

BsOmXB5CMAAkATQ.jpg

花をくんくん。お気に入りの一枚です(*´∀`)

個人的にベストショットが撮れたなーって一枚(*´∀`)

徐々に距離が近づいてきてるかなぁって感じがしますが……。


仲良くなりたいらんまるこVSはねのけるララたん。
BsJUx_9CEAA3zoL.jpg

ちょっとした問題発覚。
我が家に来る前の検診の時点で「左目の目やにがちょっと気になります」とその病院の先生に言われていて、ちょっと嫌な予感はしてました。
そしたら、昨日からちょっと左目が涙と目やにがひどくて半開きに……。
台風も特に被害なく、夕方から晴れ間が見えたので動物病院デビューと相成りました。

検診の結果は、クラミジアの可能性が高いとのこと。
あぁーやっぱりなぁ、という感じです(;´Д`)
らんまるこも、うちにきた当初同じような症状があって、特に気に止めてなかったのですが(ペルシャは目やにや涙が多いらしいので)検診に行った折に看護師さんが見つけてくれたという経緯がありました。
なので、ララたんもここへきて目薬と投薬をすることに……。
耳にも外耳炎があるので、ついでにそれも診てもらいました。
ごっそりと汚れが取れるので、プロはやはり凄いですね!
素人は耳の表面くらいしか出来ませんもの(;´Д`)

しかし、検診前の会話で、処置室の奥のほうで
看護師さん「けもさん、新しい子を迎えられたそうですー」
先生「え!? まさか同じ長毛種ちゃうやろな」
看護師さん「同じ種類です」

という会話が聞こえてきまして^^;
その後処置室に呼ばれて入った時の、先生の第一声が
「病気のこと知ってるよね?」
でした……。

ええもうこれでもかというほど知ってますよ、知ってますよ、だからといってそれを避けるというのもらんまるこに対して失礼かなって。
病気の可能性が高いからその種類は怖いし避けるって、らんまるこに失礼かなって。
らんまるこのこと全否定になるかなって。
それならまだたとえ覚悟が半端でショック受けようとも受け入れる方がいいかなっておもったんですよ。
もしララたんも同じ病気だとしたらすんごいショックで落ち込むと思います。
でもどう転んでも、ねこは人間より長生きしない。
ならばそのねこ人生を少しでもエンジョイできるように、ああこの人間と知り合って良かった、幸せだったわって思ってくれる手助けができたらいいなって思ったんです。

という想いを込めての「ええまぁ」という返事でした。
いや、言えよ私よ。

ちなみにララたんは小さめのねこだそうです……。
まぁ、両親共に小さいのであまり大きくならないかも?
でも、らんまるこは両親共に大きかったけど小さく育ったので、まだわかりませんけどね。

ララたんは目薬一日5~6回と朝晩の投薬開始です。
目薬で目元が濡れて痛々しく見える……。

BsLXc1LCQAIQW43.jpg

らんまるこも通った路なので、頑張って治しましょう!

BsLYItrCEAE7tP1.jpg

しかし、当分ララたんとらんまるこは近づけないほうがいいかな~。
新しい子はケージから出さないほうがいいそうです。
先代の縄張りを侵すことになるので。
クラミジアの件もあるし、気をつけたほうがいいですよね……。


→続きを読む?
2014.07.10 新しい部屋
大分我が家の生活環境に慣れてきたっぽいララたん。
とても活発に遊びまわります。
あまりの動きの機敏さにたっぴんを思い出しますよ……ほろり。



遠くから見守るらんまるっこげんきっこ遠慮してるっこ。
※部屋がボロいのは気のせいです気にしないでください(^ω^)
いつか二人で遊んでくれる日はくるかな?

DCIM0468.jpg

走行してる間に、新しいケージが届きました。
今のケージはちょっと狭すぎるんじゃないかっていうことで、三段式の物を……。
ゆったりスペースで寛いでます。
気に入ってくれたかな?
自力でジャンプして三段目まで上がったのでびっくりしました。
らんまるっこはジャンプが苦手ですが、ララたんはそうじゃないのかも。
同じ種類でもこうもちがうとはびっくり。

BsGsFUhCYAQDi12.jpg

らんまるこはケージに慣れないまま大きくなったので、ララたんはケージに慣れて大きくなってほしいです。
自分の部屋って感じに思ってくればな~。
らんまるこは、我が家全体が自分の部屋状態ですけどね!(笑)

そして初の寝顔激写(^ω^)

BsF8RY0CcAEn6b3.jpg

ねこの寝顔はやはり至福です素晴らしい!( ゚∀゚)o彡°

→続きを読む?
ぺちゃいらんまるこの萌え萌え画像(^ω^)

9745000_2087875087_110large.jpg

萌ええええええええええええええ萌ヴぇええええええええ!!!!!

キリッ

9745000_2087875466_42large.jpg

ちなみに姉が数日前に送ってきてくれていた画像です……(笑)

さて、新入りのララさんは徐々に我が家に慣れてきているご様子です。
私が仕事に行っている間は父がケージから出して遊んであげたりしていたようです。
父はやさしいな!(*´∀`)

DCIM0504.jpg

しかしやはり昨日今日では距離が縮まらず。

DCIM0505.jpg

ララたんは若干性格がきつそうなので、らんまること合うかな~?
というか、仲良くしてくれるかしら?(;´Д`)
子供だからか、遊びに夢中になるレベルが桁違いですね。
らんまるこも遊ぶ時は遊びますが、夢中になる度合いが全く違うというか。
あと、走り回るしジャンプもするし、唖然としました……^^;
ベランダにはまだまだ出せない、というか出すとしてもハーネスつけないと怖いかも……。
もうちょっと大きくなれば落ち着くもんなんですかね?

しかし、本当にちょこまかと動き回るので、写真撮るのが難しいです^^;
DCIM0507.jpg

らんまるこも去勢しないとなぁ……大丈夫だろうとわかっていても、なかなか踏ん切りがつかない。
ですがそうも言ってられなくなりそうです。
この白いペルシャのお姫様を。

Br8Y9zRCQAA5NJO.jpg

家族に迎えました。

Br8ZG6pCYAAOHa6.jpg

先輩のお兄さんとご対面。

Br8ZRzmCUAAC-5I.jpg

名前は「ララ」です。

1404739148293.jpg

らんまること仲良くなってくれますように~!

→続きを読む?
最近とても三代目のねこが欲しいけもです。
なんだか無性に欲しいです、三代目が。
まぁ前からそれはずっと思っていたことなんですが、最近またウロウロと探すようになってしまって、ペットショップに行ったりとか野良さまに近づいては逃げられたりしております(笑)
ぶっちゃけ野良さまは警戒心が強いほうがほっとしますけどね……。

で、私の場合店に見に行っていいなーと思いつつも踏ん切りつかず帰ってきたりすると、後日家族が決まっていなくなるというパターンが連続しております。
なんだ、私は出会いをもたらす神なのか!?
先週もそんなことがあったりして、今週はちょっと遠出をしてきたりしました。
目的は、サイトで見かけたこの子。

9745000_2087272874_82large.jpg

将来のイケメン候補!( ゚∀゚)o彡°
ノルウェージャンフォレストキャットです。
かっこいいなー……でも正直な所同じ店に居たペルシャのチンチラシルバーな女の子の方も気になったり。
真っ白ふわふわで白雪姫のような美人さんでしたよ!(*´∀`)
そちらは写真撮ってませんが……。

多頭飼育経験がないので、色々不安はあるといえばあるんですよね。
らんまるこも、もし慣れずにストレスになったりしたら可可哀想だし。
相性悪いから部屋を別に、というほど部屋数もないし。
やはり現実的ではないのだろうか。
らんまるこ、どう思います?

好きにしろにゃ。
9745000_2087056495_108large.jpg

ちなみに同じ種類のほうがうまくいく場合が多いらしいんですけどね。
ジャンプ力あっても困るしなぁ……でもたっぴんの俊敏さもまた恋しい。
ペルシャだと、病気のこともありますしね。
でもそれを否定したららんまるこの存在も否定することになってしまうし、うーん。

正直なことを言えば、らんまるこの病気から目をそらしたいからこその三代目希望なのかもしれないです。
でもその場合ペルシャだと更に直視する結果になるんですよね。
腹をくくれということなんだろうか……。