随分前に購入したものですが、ちまちまとa-haのアルバムを集めています。
再結成にともなって昔のアルバムのリマスター版が発売されていたので、持ってないしこれを買わない手はない!
という感じで少しずつ買い集めていました。
ちなみに大きな本みたいなものも、アルバムです(;´∀`)
ちなみに5枚組でした……なんという豪華さ。
値段も半端無くて、大きさといい、これはどう考えてもファンアイテムだなーと……。

CYbKc-GUAAAVLFT (1)

中身も写真集とエッセイになってて、豪華でした。
あぁ、80年代っていいなぁ……(懐古)

CYcO_q9UsAIEM9Q.jpg

最近、月に一枚ほど、好きな歌手のアルバムを買うのが唯一の楽しみです。
大人買い出来れば一気に買いますが、そうは言えない懐事情です。
ねこのものは惜しみなく買うんですけどね!

CcWSPf3UUAAb_rT.jpg

エンヤの新しいアルバムが出ていたので、そちらも購入しました。
途中二枚ほど買ってないアルバムが有りますが、昔は集めていました。
一時期、ヒーリング系というか、ニューエイジ系にハマっていたので、喜多郎氏や宗次郎氏のアルバムも持っていたりします。
昔はCDショップがあちこちにあったので、買い物も楽しかったんですがねー……今は殆どなくなったし、あっても品揃えがイマイチ……だったりするので、寂しいです(´・ω・`)
掘り出し物的なアルバムを見つけた時の嬉しさとか、凄いものだったんですがね。

CcWSHiGVIAApUQK.jpg

輸入盤アルバムは訳詞もついてないのでiTunesでも良いかなって思うんですが、iTunesも全アルバムを網羅しているわけではなかったりするので、難しい所です。

でも、好きな音楽があるのはいいですね。
聴いてるだけで気分転換にはなります。


……所で最近めっきり絵のほうを描かなくなりました。
ペンタブ、しまったほうがいいかも……(;´Д`)
スポンサーサイト
2月22日はねこの日でしたね。
私はその日になんとスマホがなんの前触れもなく故障して、大変でした……(;´Д`)
にゃんにゃかにゃんにゃかにゃーんの写真も何も無かったですよとほほほほ。

ところで最近テレビでねこがブームだとマスコミが煽っていたりしますが……。
なんか、いやーな気分がします。
過去に、シベリアンハスキーやチワワがブームになって、どれだけ犬のほうが迷惑被った結果になっただろうかと……。
特にシベリアンハスキーは犬ぞりの犬種なので、飼育が難しいというのに。
ねこは飼いやすい、なんて簡単に思う人が増えないことを祈ります。
……ねこは捨てても野良でたくましくやっていけるだろう、とか考える人がいてそうでどうにも(若干の人間不信

さて、ねこの日は、ささみでお祝いしました。
ですが、どうやらこのこたちは普通に湯がいたささみのよりも、たまのおねだりさんのささみレトルトがよろしかったようで……(;´∀`)
思っていたよりもあまり食べませんでした(´・ω・`)
違いの分かるねこになられても……その……こまるんですけど……(笑)

やっぱりなんていうのかちらね、たまに食べるささみはごちそうなんだから、ちょっと贅沢ちたいわよね。



そうだにゃ。来月はララにゃんもラディにゃんも誕生日だから、ささみ沢山買ってもらうといいのにゃ。
もちろん僕もおこぼれに預かるのにゃ。
一番先輩だから当然だにゃ。

CbxyuaEUsAAZE1W.jpg

そうだったにゃあ! すごく楽しみにゃあー!!!

Cbxy5mhUkAA9MFk.jpg

……君たち、贅沢すぎ。(天界からの囁き)

CbxzLNKUcAAYsgC.jpg

バレンタインデーはもう過ぎてしまいましたが、バレンタインにぴったりな写真を姉が送ってきてくれました。
ハート型のらんまるこです(*´∀`)

CbKgFNpUMAA3dIc.jpg

今年は自分用チョコを買う暇もなく過ぎて行きました……。
ゴンチャロフのアンティキテシリーズが欲しかったんですが(´;ω;`)ウッ…

父は無事に手術を終えて、ICU、HCUを経て先日一般病棟へ移りました。
予想よりも随分と回復力があるっぽくて、よかったです。
2016.02.03 選択肢
先日、らんまるこの定期検診へ行ってきました。
父は先月末から入院していて、来週月曜に手術なので、その前に行っておこうと……。

結果から言えば、また進行していました。
嚢胞の負担がおおきくなっているのか、前回よりさらに腎臓が大きくなって……。
右の腎臓は5センチにもなっていました。
体格が小さならんまるこからすれば、明らかに大きな腎臓。
数値は正常値ですが、腎臓は7、8割傷んできてから徐々に数値に現れてくる臓器……なので、果たしてらんまるこの腎臓が何割うごけているのか?
それが一体いつまで維持できるのか?
2ヶ月に一度エコー検査していますが、ここ数ヶ月毎回大きくなってきています。
正直なところ、怖いです。

診察後、先生と色々話をしていて、やはり先進的な治療を行っているところはかなり限られてくるようです。
多発性嚢胞腎を研究しているのは岩手大学附属動物病院ですが、そのもっと前から腎臓機能について取り組んでいるのが神奈川の麻布大学附属動物病院だそうです。
岩手と神奈川。
どちらも行ける距離ではない……。

ただ、透析をしている病院は、市外になるし遠いですがあるにはあるので、考えてみるのもいいのかも……ただらんまるこは身体が小さいので、どうかなという感じだそうです。
何より、費用もそれなりにかかるようで……。
確実に腎臓機能を回復させるとなると、やはり腎移植しかないようです。
でも、術後生存率を見ているとあまり高くない気が……。
(術後半年で60~70%、3年生存率が40~50%)

正直、健康な子の腎臓を貰って、たったそれだけの確率? って思ってしまいます……。

かえりしなに、先生の奥さんと話をしていて、「いろんな方法を試して、探してらんまるちゃんに試してみるという方法もありだし、寿命を受け入れて、らんまるちゃんの好きなことをさせて、好きなように過ごしていくという方法もありだと思います。飼い主さんの後ろをついて歩くのが好きとか、そういう日々を過ごしていくのも……」と言われた時に、ふと、気づけばいつもそばにいるらんまるこの姿を、いつもうしろをついてくるらんまるこの表情を思い出して、思わず泣いてしまいました。
父も母ももう腎不全で、父の場合はほぼ将来透析が確実という事実があるからかもしれません。

いつも気づけば、そばに居てくれる……。



君にしてあげられることは一体なんなのだろうかと、いつも考えています。
私が望むことは、やっぱり治験でもなんでも、病気に有効なことを試すことが出来るならやりたい、ということです。
でもらんまるこにとっては幸せなことじゃないのかもしれません。
でも、私は一日でも長く一緒に過ごしたいんです。

何が一番、いいんでしょうね……。