FC2ブログ
前々回のブログに書いた不思議なことを少し。

ラディにゃんこが膀胱炎で頻尿と血尿に困っていた頃のことですが、父が先代ラヴィさんに手を合せながらふと
「最近ねこ家におるんちゃうか」といいました。
私が「ねこ?」(いや確かに3にゃんいるけど)と言うと、「なんか最近ちらちらとねこがおる気がしてしゃあない」と言うのです。
その時点で私は「あぁ、四番目のねこの気配のことだな」とわかりました。

今までも極稀に、ちらっとねこの気配がすることがありました。
それは長毛のねこではなくて、黒い影で、視界の隅にチラッと現れる短毛のねこです。
必ず視界の隅です、視界の真ん中には現れないのです。
だから見間違いかな? と思うことも多々あります(実際そうかも知れないけど)

洗面所で髪の毛を乾かしていたら足元とか、父の場合は自室でこたつに入ってテレビを見ていたらベッドの下をチラッと通ったりとか、あっいまねこが通ったな、ラディかな? と思ってみても誰もいない……ということがチラホラと何度かありました。

でも、今回は事情が少し違っていて、家族全員頻繁にそのねこの気配を感じていました。
私の場合、こたつ台の上にノートパソコンを置いていて、部屋の入口からこちらを見ながらねこが入ってきて(目がキラキラしてたから分かった)「ラディ?」と思って見てみたらだれもいなかった……とか、らんまるこにご飯食べさせるのに四つん這いの姿勢になってスプーンであげていたら上をすっと掠めてジャンプしていったのに誰も飛んでいっていないとか(明らかに毛が掠めていった感触があった)とにかく四番目のねこの気配があちこちにありました。
でも、ラディにゃんこが膀胱炎の症状がマシになるとともにその影は薄れていき、今ではすっかり第四のねこの気配はなくなりました。

……先代ラヴィさんは、血尿を出して、エコーを撮ったら膀胱に結石が出来ていて、それが二回目の検査で大きくなっていて、手術に踏み切ったものの術後不良で旅立ちました。結石自体はシュウ酸カルシウム結石でした。
私は「もしかしたららびさんはラディにゃんこのことが心配で見守りに帰ってきてたのではないか」と思っています。
自分と同じように血尿を出してストルバイト結晶が出てて、結石にならないか心配になって見守りに来たのかな、と。
限にラディにゃんこが完治したらもうその気配はなくなったので。

もしそうだとしたら(絶対そうだと思うけど)
なんて優しい子なんだろう、と思います。

DSVFL.jpg

もう私の夢に出てこなくなって久しいけれど(かれこれ二年ほど)
君はずっとねこたちを見守ってくれているんだね、と。
らんまるこのこともよろしくね、といつも手を合わせるときにお願いしています。

私にとっては誰よりも心強い守り神です。
スポンサーサイト



らんまるこの定期検診、3月の5日に済ませていました。
結果はあまり芳しいものではなかったので書く気がわかなかったと言うか……(;´Д`)
クレアチニンが最近確実に上がってきています。
1.6と過去最高を更新してしまいました。
二ヶ月に一度の定期検診ですが、この調子で上がり続けたら年内には腎不全になってしまいます。
今年六歳になるので、まぁ、多発性嚢胞腎の平均寿命を考えたら、発症してもおかしくはない年齢ではあります……。
そろそろ覚悟を決めないといけないのかな、と思いつつやっぱり決められるものではありません。
先生はあまり水を飲んでないみたいだから、水を多く取らせたら下がるかも、とおっしゃってくれますが……水を飲ませるというのも至難の技です(;´Д`)
もう少し暑くなれば、冬よりは多くとってくれるかなとは思いますけどね。

ペンタブ封じまる

でもエコーで診るぶんにはあまり状態も変わらず、血流も良いみたいなのでそこは安心しています。
正直なところ、腎不全は私の父だけでじゅうぶんです……。

父は3月の中旬に、透析準備でシャント形成の手術をしました。
胸に水が溜まっていた加減もありますが、体重が10kgも減ってしまって、すっかりやせ細った老人……という感じになってしまいました。
まだ自力で排尿は出来ているものの毒素が排出できないらしくて、かなりしんどそうです。
でも、先日毒素排出する薬(炭の薬です)を処方してもらったら、心なしか元気になったような気がします。
腎不全って本当に怖いと父を見ていると思います。本当に弱っていきます。
毒素のせいで味覚はおかしくなるし、食欲は落ちるし、だるくて動くのが億劫になるし……。
そして療法食は美味しくない、人間もねこも同じです。
なるべく透析は先送りにしたい、というのはありますが、それでも夏頃かなと内心思っています。
寧ろ人間の場合は透析になったほうが元気になるかも知れません。今が一番しんどいのかも……。

ねこも人間も同じで、腎臓は壊れてしまうと治す薬がありません。
人間の場合は透析がありますが、ねこは……あるところにはあるらしいですが、難しいみたいですね。
人間の腎臓の一部をねこに移植できる、ってなったら私は迷わず自分のものを移植させると思います。
らんまるこの場合は、本にゃんは何も悪くないのに……それを言えばらんまるこの親も悪くないですが……遺伝性疾患というものの恐ろしさとやりきれなさが、いっぱいあります。
それでもその事実を受け止めて進んでいくしか無いんですが……。

にゃんだか長くなってしまったので、前回のブログに書いた不思議体験は次に……。