FC2ブログ
最近私の部屋でウトウトタイムが多いラディにゃんこ。


おやすみディなんこ


先日、またもトイレで数分踏ん張って、おしっこが少しでた感じで「フード切り替えたのにまたストルバイト?」と思って病院へ連れていきました。
そしたら見事に再発……(;´Д`)
ラディにゃんこ、ララたんのフードやらんまるこ&たっぴんのお供えフードもつまみ食いしてしまうので、そのせいかもしれないとのこと。
お供えフードはともかくとして、ララたんのフードもラディにゃんこと同じc/dに切り替えたほうがいいかもしれません。
何時まで経っても治らない……(;´Д`)
クランベリーもちょっとサボってた影響があるかもしれません(一日置きになってた)
ラディにゃんこはストルバイトができやすい体質、と思っておいたほうがいいかもしれないです。


動物病院へ連れて行ったついでに、腎臓と肝臓の数値も観てもらうため血液検査をしました。
前回9月12日の検査では(らんまるこが旅立つ二日前ですね……)クレアチニン2.3 とクレアチニンがややオーバー。
ラディにゃんこは元々クレアチニンがちょっと高めだったのですが(筋肉ムキムキ)2を超えると流石に大丈夫かな? と……。
そして肝臓の数値、GPTが148と基準値をオーバー。
ラディにゃんこ、実はこねこの時の初めての血液検査でも、肝数値のALPが300オーバーという数値でした。
とても高いから要経過観察、と言われましたが次の検査では基準値に下がっていました……が、そのかわり今度はGPTが常に140台と少しオーバーするのが続いていました。
めちゃくちゃ高いというわけでもないけど、正常値でもない。
ということで、この後姉が見つけてくれたサプリメントを試しに購入して、9月中旬から一ヶ月続けていました。


「プラセンタ クレア」といいます。


プラセンタクレア


こちらのサプリメントと、らんまるこに購入して余っていた「ドクターシャンピ」


ドクターシャンピ


ドクターシャンピは腎臓に良い、ということで、こちらはフードにかけて。
そしてプラセンタクレアは一日一回ご飯の上に置いてたり薬をあげる感じで口に入れたりして、あげていました。
錠剤自体そんなに大きくもなく、あげるタイミングもいつでもいいので、楽でした。


そしてちょうど一ヶ月経っての血液検査、結果は……。


クレアチニン→2.3から1.8
GPT→148から66
ALP→102から89


なんと、生まれて初めて肝数値が正常になっていました!(*´∀`)


試してみた甲斐がありました……ドクターシャンピも効果あったのか、クレアチニンも下がっていましたし。
と、そこでふと思ったのが、難病でさえなければサプリメントは効果あるのだなぁ、ということ。
らんまるこの腎臓には、KDヘルスもドクターシャンピも、際立った効果は無かったように見えます。
輸液とクレメジンでさえあの悪魔のような数値悪化速度を抑えられなかったので……。
でも、輸液とクレメジン、そしてサプリメントを与えてのあの寿命だったかも知れませんし、こればかりはわかりませんが。


らんまるこが旅立って一ヶ月、先代たっぴんと違って全く我が家に気配もなく、夢にもでてきてくれませんが……。
もしかしたららんまるこが手助けしてくれたのかも知れません。


らんまるこもふ


ラディにゃんこ見守り隊隊長だったので、きっともふもふしながら見守ってくれていると思います。
スポンサーサイト



らんまるこが、この世から姿が見えなくなって、もうすぐ一ヶ月が経とうとしています。


ベランダねこたち


不思議なことに、まだ一ヶ月も経ってないのか、という感覚です。
一緒に過ごしていた時間はもう随分前に過ぎ去ったような感覚です。
先代ラヴィさんの、突然の予期せぬ(予感はあっても認めたくなかった)死に比べたら、らんまるこの場合は常々「寿命は短い」ということが纏わりつきながら過ごしてきていたので、実際悪化してからの対処の出来なさ(非情さを感じるレベルでどの治療も効果が無かった)もあって、らんまるこの死は覚悟できた、というか受け入れる体制は整っていたと思います。
それでもほぼ毎日涙ぐんだり泣いたりはしているのですが。
買い物途中で外を歩いていてふと思い出して、泣いたりとか……。
ペットロスにはなってない、と思っていましたが充分なっているようです。


先日、ちらっと動物の救急病院の事をテレビで放送していました。
運ばれてきたねこちゃんは、心臓が悪くて、胸に水が溜まっていて、先代ラヴィさんと同じだな……と思って観ていました。
酸素ハウス内でも開口呼吸→酸素マスクつけようとしたら発作の痙攣→気道確保のために大きな筒の管を口に入れられる
そこから二日間頑張った、ということでしたが、それをずっと観ていて、もう回復の見込みのないらんまるこにそれができたか、と考えた時に出来なかっただろうな、と思いました。
ナレーションは「頑張って生きようとしている命……」と言っていましたが、今の私には「尽きかけているのに無理に頑張らせている命」に見えてしまいました。
それで回復して、また元気に過ごせる、というのであれば私でも望みをかけてすると思います。
実際、ラヴィさんのときは連れて行こうと思いました(思って電話かけようとしたときにもう命が尽きかけてしまった)
最後は無理に食べさせない、という選択肢をしたらんまるこにも、もしかして食べたかったんじゃないか、と思ったりもします。
ですが、きっとどの手段をとっても、後悔はあるのだろう、と……。


末期腎不全の期間が数週間で、食べられないほどしんどい期間が四日間ほどで、最後は開口呼吸も痙攣もなく穏やかな時間を過ごして旅立った、ということに救いを見出すしか無いのです。


ねこブログでお世話になっているぷるさんから、お花をいただきました。


いただいた花2


グリーンはらんまるこの目の色だな……なんて思いながら、飾りました。ありがとうございます。


らんまるこの姿がなくなって初七日が過ぎた頃から、ララたんが私に甘えるようになってきました。
ここ最近、寝ていると気がつけば寄り添って来ます。


甘えるララたんひめ


今まで、父と姉にこういう風に甘えることはあっても、私のところには来なかったんですけどね。
らんまるこがいなくなって寂しいのか、らんまるこに遠慮して甘えなかっただけなのか、寂しい思いをしている私を励まそうとしているのか、わかりませんが……。
ララたんも寂しいのかもしれませんね。
ラディにゃんこも、夜になると鳴き叫んでいます。


人もねこも、残されると寂しいです。


そういえば、中島みゆきの「紫の桜」という歌の歌詞にこんな一節があります。


「別れを告げて消えてゆくものはない 思いがけないことばかり 残されることが生きること」


という歌詞があるのですが……。
本当にそのとおりだな、と思っています。


「生きることの意味ってなんだろう」って思いがちですが、多分「生きること自体がすでに頑張っている」ということなのだと、らんまるこはあの小さな身体で私に教えてくれました。