FC2ブログ
かなりかなり更新が遅れてしまいましたが、9月14日、らんまるこの一周忌に動物霊園へ法要へ行ってきました。
到着したら、日差しは夏なものの風は冷たく爽やかで、都会ではすっかり聞かなくなったミンミンゼミやツクツクボウシの鳴き声が聞こえていました。


EEZpa6HU4AEL6KA.jpg


一年ぶりの、たっぴんとらんまるこのご対面。
たっぴんの命日は11月30日でしたが、一緒に法要を済ませてきました。
遠いしバスの本数も少ないしで、おいそれと出かけられる距離ではないので……(;´Д`)


EEZCLKNUwAErxZM.jpg


そして、お世話になっている動物霊園にはとても高齢の白ねこさんが居る……ということを、たっぴんがお世話になった当初からサイトにてその存在を知っていたのですが、一度もその姿をみかけたことがありませんでした。
そしてようやく、お世話になり始めて八年目でようやくその姿を拝見することができました。


EEZX2r9UwAA9BHM.jpg


のんびり日向ぼっこ中でした(^ω^)
今年23歳という、超高齢のおばあさんねこです。
うちのねこたちもぜひあやかりたい……。


EEZX6_EVUAADOuR.jpg


帰りがけに、他の人と居たので近くで写真を取れませんでしたが、犬のゆめちゃんもげんきそうでした(*´ω`*)


EEaQ5zCU4AIXwuz.jpg


結局らんまるこの納骨は見送って、一緒に帰ってきました。
なんせ、たった五年半ちょいしか一緒に過ごしてないんですよね……。
勿論、いずれは納骨したいと思っていますが。
いや、それよりもお墓をつくりたいかな……。


一緒に行った姉には「らびの時は泣いてたのに今回は泣かんかったな」と言われましたが、やっぱり予期せぬ旅立ちだったたっぴんと、もう覚悟するしか無いところまで行き着いたらんまることの違いだったのかな、と思います。
らんまるこの場合は、覚悟を決めて、最後まで付き添えて、別れの時間もたっぷりあったので、ああすればよかったかも、こうしたらまだ生きていたかもと思うことはありますが、たっぴんに比べたら後悔は強くないのかもしれません。


でも時々、らんまるこがいてくれたら、ララたんとラディにゃんこの間に入ってくれていて良かったのにな……って思います。
スポンサーサイト



2019.09.01 9月ですね
今年ももう9月になりました。
らんまるこが旅立ってもうすぐ一年になります。


ぽかぽかまる


去年の今頃は輸液をしてたな、とか、まさか安室奈美恵引退前にらんまるこがこの世から旅立ってしまうなんて、とか、色々考えていました。
らんまるこ、最後の2日ほど以外は輸液の時いつも逃げていました。
逃げられる体力があるならまだまだ大丈夫だ、と楽観的に思っていたものです。
でも外から見えない身体の中では、嚢胞が凄い速度で腎臓機能を壊していた……。
なんて恐ろしい病気なのだろうかと思います。
そして、何も悪いことをしていないらんまるこが、何故そんな病気を持って生まれてこなくてはならなかったのだろうか、とも思います。
6年から8年、と言われて6年であちらへ逝ってしまいました。
それならせめてあと2年、一緒にいたかったです。


インスタで、らんまること同じ病気で、数値も同じようにクレアチニン10を超えたねこさんがいらっしゃって、そのねこさんは入院させて今も健在で頑張っています。
私の選択は間違っていたのだろうか。
もしかしたら、無理言って入院させたら今でも生きていてくれただろうか。
そんなことを時々思います。


ちこまる


食も細く、腸も弱く、そこをもっと改善してあげられていたら、結果はまた違っていたのかな? とも……。


たっぴんのときよりもらんまるこの「死」というものは格段に受け入れられているし、区切りもつけられていると自分では思っていますが、どうなんでしょう。